fc2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

ルペンは「バベルの塔」の破壊神か?

バベルの塔

東京都美術館でブリューゲルの「バベルの塔」の特別展が開かれている。

フランス大統領選でEU離脱を掲げるルペン氏の躍進が報じられる中の「バベルの塔」展示は意味深だ。

奇しくもEU議会ビルはブリューゲルの「バベルの塔」をモデルにしたデザインとされているからだ。

ブリューゲルがモチーフにした「バベルの塔」は、そもそも旧約聖書に出てくる物語だ。

ニムロデという名の独裁者が神に比肩する天にも届く塔を建設していたところ、神の怒りを招き人々の言語が通じなくなった。

そのため「バベルの塔」は建設が途中で放棄され、言語による混乱を意味するようになったのである。

「バベルの塔」と同じく、言語や民族の違いを乗り越えようとする国家統合の試みは歴史上幾度となく失敗してきた。

バベルの語源である古代バビロニア帝国しかり、近年のソ連邦の崩壊しかりである。

異なる言語や民族を強引に統一するには、ニムロデやソ連のスターリンのような強大な独裁者が必要とされるためだ。

果たしてルペン氏はEUという「バベルの塔」の破壊神となるのか、フランス大統領選の行方に注目が集まっている。


野崎晃市(42)

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP