飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

林徽因伝(5)タゴールとの出会い

タゴール
梁思成、タゴール、林徽因

林徽因と梁思成が米国留学に出かける半年前の1924年4月に、インドの詩人でノーベル賞を受賞したタゴールが中国を訪れた。

タゴールは蔡元培や梁啓超といった中国の知識人たちの出迎えを受け、英語が達者な徐志摩と林徽因が通訳に当たった。

タゴールは徐志摩と林徽因の親密な関係に気が付いたが、林徽因はすでの梁思成と婚約しており、いわば三角関係のような状態だった。

5月8日にタゴールの64歳の誕生日を祝うため林長民らは英語の舞台劇「チトラ」を上演し、林徽因が主役のチトラ姫を熱演した。

この劇には魯迅や梅蘭芳などの知識人も観客として訪れ、林徽因はこれを機に梅蘭芳と知り合い京劇に興味を持つようになる。

タゴールと徐志摩の交友は後々まで続き、タゴールの詩風は林徽因や徐志摩ら中国ロマン派の詩人たちに大きな影響を与えた。


以下は林徽因の詩「黄昏過泰山」である

「黄昏に泰山を過ぐ」
あの日を覚えているわ
心は一本の長い川のように
黄昏を迎え入れたの
月のかけらが胸に掛かっていたわ

まるでこの青黒い山のように
心は孤高な壁の一面よ
生い茂る緑
忘れられない夜のかすみ
果てしない広漠
足下から風の音が聞こえて
夜がやって来たわ

野崎晃市(43)

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP