飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

浅沼稲次郎暗殺事件の謎

浅沼稲次郎
浅沼稲次郎暗殺の瞬間

上の写真は1960年10月12日に日比谷公会堂で演説をしていた社会党委員長の浅沼稲次郎が暗殺される瞬間を捉えたものである。

犯人の山口二矢は大日本愛国党の赤尾敏に影響を受けた右翼青年で、犯行後に拘留中に首吊り自殺して事件の真相は闇に葬られた。

私がこの写真に興味を持ったのは、知人がこの写真を見て犯人の短刀の持ち方が素人とは思えないと教えてくれたからである。

古武術に詳しいその知人によれば、青年の腰の落とし方や短刀の握り方は忍者のような暗殺のプロから訓練を受けたように見えるという。

素人には刃物で人を殺すのは難しく、青年のように一、二撃にて致命傷を与えるのは相当の訓練と腕前が必要になるというのだ。

さらに、それを聞いた日本史研究者の知人は浅沼稲次郎の暗殺の動機にも謎が多いと指摘した。

山口二矢の犯行の動機の一つが、浅沼が中国で「米帝国主義は日中共同の敵である」と語ったことだとされている。

しかし、浅沼稲次郎が訪中した際に何らかの秘密の情報を与えられ、それが暗殺の真の原因となったとの異説があるのだそうだ。

一枚の写真からでも専門家が見れば色んなことがわかるものだと、私は二人の議論を感心しながら拝聴した。

野崎晃市(43)

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP