飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

林徽因伝(7):東北大学の教授となる

吉林西駅
林徽因と梁思成が共同設計した吉林西駅

1928年に、林徽因と梁思成は夫婦そろって瀋陽にある東北大学の建築学部の教授として招かれた。

東北大学は軍閥の張作霖の子供である張学良が創設して運営する大学で、当時は中国の東北地方で最高の学府であった。

当初の建築学部の教授陣は二人だけで、梁思成が学部長として建築学を受け持ち、林徽因が英語教育と彫刻史を担当した。

その後に、梁思成の紹介で同じくペンシルバニア大学で建築学を学んだ陳植・童寯・蔡方蔭らも教授陣に加わった。

梁思成と林徽因は夏休みになると瀋陽の古い建築の調査と測量に出かけ、清朝の皇帝の眠る北稜などの建築や彫刻をスケッチした。

ところが1928年6月には張作霖の爆殺事件が起こり、1931年には満州事変が発生して東北大学で講義を続けることは難しい情勢となった。

東北大学を運営していた張学良が、満州事変で東北地方を占領した日本の軍部と衝突するようになったためである。

そのため、梁思成と林徽因の二人は東北大学の教授を辞して北京に戻り、民間の建築研究機関である中国営造学社に参加した。


以下は林徽因の詩「深夜里聴到楽声」の私訳である。

「真夜中に聞こえた音楽」

これはきっとまたあなたの指が
軽く弾いている音ね。
こんな真夜中に、悲しい思いに耽って。

私のほっぺが赤く染まったことを責めないで。
静かに聞いているの、
この不思議な弦楽器の指使いを。

一つ一つの音が私の心の底を打つわ。
私にはこの寂寥が分かる。
けれど私には応じることができないの。

生命は彼女の方法を早くに決めたの。
とても虚弱だなんて
人々の美しい想像に過ぎないもの。

いつになっても夢の中で以外では
あなたと私は
一緒に希望の弦楽を奏でることはできないの。


野崎晃市(43)


コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP