fc2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

三国志の武将の墓から発掘されたゲタ

木の下駄
発掘された漆塗りの木製のゲタ

1984年に、安徽省の馬鞍山から三国志の時代に呉の孫権に仕えた将軍である朱然の墓が発掘された。

朱然は呂蒙と共に蜀の関羽を捕らえて死に追いやった将軍であり、呉でも勇猛な将軍として知られている。

その墓から中国でも最古の漆塗りの木のゲタが見つかり、日本文化の源流ではないかと憶測を集めている。

今でも和服の事を呉服と呼ぶが、日本の和服とゲタは三国志時代の呉から伝わった可能性が出てきたのだ。

ここで思い出したのは、『後漢書』が倭について会稽・東冶の東で習俗が似ていると記していることだ。

会稽・東冶は今の浙江・福建に当たる地域にあるが、孫権が会稽太守だったようにこの周辺地域は呉の領地だった。

また遼東の公孫淵は呉の孫権と同盟を結んだが、遼東と呉の間は海の民である倭人が船で往来していた可能性もある。

当時の記述や考古学の発見をパズルのピースのように集めると、古代の倭人の正体が朧げに見えてきそうだ。

野崎晃市(43)

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP