飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

林徽因伝(8):北京の古建築を調査保存

古建築スケッチ
林徽因と梁思成による古建築のスケッチ

東北大学を辞めて北京に戻った林徽因と梁思成は、民間の建築研究機関である中国営造学社に勤めることになった。

中国営造学社は中華民国で内務総長を務めた朱啓鈐が私財を投じて創設した、古建築の修理を専門とする機関であった。

北京には紫禁城を始め数多くの歴史的建築物が存在したため、中国営造学社はそれら古建築の研究ならびに保存・修理を請負った。

彼らは紫禁城の建築物の修理に携わっていた大工の棟梁たちと、古建築を視察し細部の構造に至るまでスケッチや記録を残した。

この北京時代に林徽因は建築以外にも詩作に興味を持ち始め、「新月派」の詩作雑誌『新月詩選』に詩を投稿するようになる。


以下は林徽因の詩『静座』の私訳である。

『静かに座って』
冬には冬の意味があるの
寒さはまるで花のよう
花には花の香りがあり、冬には一握の思い出があるの
一本の枯れ枝の影が、青く灰色に痩せ細っている
午后の窓の前に一本の線を描いているわ
寒さの中で日光は薄く、次第に傾いていく…
ちょうどこんな感じで
まるで客人が話すのを待つように
私は静かに茶を啜っているの


野崎晃市(43)


コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP