FC2ブログ
飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

中朝国境のシベリアカラマツで薬品開発

シベリアカラマツの林
極寒の地に生息するシベリアカラマツの林

今日は吉林省の中朝国境地帯に位置する臨江という長白山麓の町で、健康食品の開発をしている方から商談があった。

長白山の麓に生息するシベリアカラマツの根や樹皮から抽出される、タキシフォリンの商品化に取り組んでいるという。

タキシフォリンとはフラボノイドの一種で、抗癌作用や坑糖化作用があり糖尿病やガンの予防に効果のある化学物質とのこと。

もともと、シベリアの土着民がマツの木の根や皮を食することから、旧ソ連の科学者が研究して発見した物質であるらしい。

ガンや糖尿病の予防に効くだけでなく、アンチエイジング作用や抗酸化作用もあるので高級化粧品会社からも注目されている。

シベリアカラマツは中朝国境地帯の森林に大量に生息しているため、吉林省の特産品として高麗人参と共に開発中のようだ。

現在は中国とカナダで健康食品や薬品として申請中なので、許可が下りれば商品化や輸出が可能になるとのことであった。


野崎晃市(44)

コメントの投稿

非公開コメント

おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP