fc2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

超巨大地震の津波予測に戦慄

20200427.jpg
超巨大地震で発生する津波の予測

21日、内閣府の有識者会議により、千島海溝と日本海溝で巨大地震が発生した際の津波の高さの予測が発表された。

もし、3.11のような巨大地震が起これば、高さ30メートル以上の津波が、北海道や東北地方の沿岸を襲うとの警告だ。

超巨大地震が発生した際に懸念されるのは、青森にある六ケ所村核燃料再処理施設と東通村にある東通原発である。

今回の発表では、東通村での津波の想定は13.9メートルで、原発には16メートルの防潮提があるので大丈夫だという。

しかし、原発から約10キロの距離にある「猿ヶ森砂丘」には、過去に高さ20メートルの津波が来た痕跡があるのだ。

さらに、3.11の際に六ケ所村の再処理施設は電源喪失などの事故を起こしており、津波が来なくても十分に危険だろう。

それにしても、新型コロナで緊急事態宣言が出ている中で、富士山噴火や巨大地震の予測が発表されるのはなんとも不気味だ。

野崎晃市(45)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『文殊菩薩』超巨大地震の津波予測に戦慄

『文殊菩薩』超巨大地震の津波予測に戦慄疫病と地震がセットになってやってくることがあると書いていたサイトがあったんだけど、それって、最悪ですよ。コロナは出歩かなければ、罹る心配はないけど、地震は勝手にやって来ます。津波の高さが約30mだから、気をつけるように、って、どこをどう気をつければいい?私が住んでいる地域は、津波は来ないかもしれないけれど、諸々、色々あると思います。毎年のようにやって来る...

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP